5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【優勝請負人】島谷金二は2軍監督としても優秀だった!

1 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:35:37.99 ID:R97xyPkH0
島谷金二は1970年代の中日ドラゴンズと阪急ブレーブスを支えた名選手であります。通算1514本のヒット、229本のホームランを放った島谷金二。
選手として華々しい経歴を持つ島谷金二ですが、指導者としての島谷金二の活躍はあまり知られていないのではないでしょうか。

https://bbcrix.com/articles/63908/original

2 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:36:36.62 ID:R97xyPkH0
島谷金二は高松商業高校時代、ショートのレギュラーのとして活躍。1962年に四国予選決勝に進出しますが、島谷金二はあと一歩で甲子園に届きませんでした。
しかし、地元では有名な選手であった島谷金二は、高校卒業後に社会人野球の四国電力に入社します。

島谷金二は社会人野球で活躍。チームの4年連続都市対抗野球大会出場に貢献するなど、島谷金二は四国電力の主力選手となっていきます。そんな島谷金二は1969年、ドラフト9位で中日ドラゴンズへ入団。島谷金二はプロへの第一歩を踏み出しました。

島谷金二は四国電力時代、セカンドを守っていましたが、チーム事情もあり島谷金二はサードへコンバートされます。そして島谷金二は、ルーキーイヤーの1969年からレギュラーに抜擢。島谷金二は125試合に出場し、打率2割1分0厘、本塁打8本をマークします。

3 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:37:10.40 ID:FqDxk1PxM
島谷ってまだ生きとったんか

4 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:37:33.90 ID:R97xyPkH0
この時の島谷金二は、バッティングはイマイチでしたが守備力を評価されての起用でした。その後、島谷金二は中日ドラゴンズの期待もあり起用されつづけ、バッティングも向上していきます。
島谷金二は1971年には、129試合に出場して打率2割5分7厘、本塁打17本、打点50点をマークし、飛躍の年とします。

島谷金二はレギュラーとして活躍し続け、1973年には打率2割6分5厘、本塁打21本、打点58点を記録。島谷金二は主軸打者となっていくのです。そして、島谷金二は1974年の中日ドラゴンズ20年ぶり2度目のセ・リーグ優勝に貢献。
この時のウィニングボールを掴んだのが島谷金二でした。

島谷金二は翌1975年に初めてダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を獲得。バッティングも絶好調であり、島谷金二は選手として成熟していきます。しかし、1976年のオフ、島谷金二はトレードで阪急ブレーブスに移籍するのです。

5 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:38:45.38 ID:R97xyPkH0
島谷金二の移籍は、阪急ブレーブスの上田利治監督が強く要望したためと言われています。そして、島谷金二は阪急ブレーブスで4番を任されるのです。
島谷金二は移籍1年目となる1977年に、キャリアハイの打率3割2分5厘をマーク。本塁打22本、打点74点だった島谷金二は4番として責務を果たします。島谷金二の活躍もあり、阪急ブレーブスはリーグ優勝。島谷金二はこれに大きく貢献しました。

島谷金二はパ・リーグでも3年連続でダイヤモンドグラブ勝を受賞。島谷金二はセ・パ両リーグで守備を評価された選手でもありました。翌1978年も島谷金二は打率2割9分8厘、本塁打22本、打点76点と活躍。
島谷金二はベストナインを獲得し、チームのリーグ2連覇に大きく貢献しました。

1979年も島谷金二は127試合に出場。打率3割1分2厘、本塁打27本、打点102点を記録し、島谷金二は2年連続でベストナインを獲得します。
その後、島谷金二はまだまだやれるとの声もありましたが、松永浩美の台頭や、チームの若返りの方針もあり、1982年を最後に、現役を引退しました。

6 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:39:37.95 ID:R97xyPkH0
そんな島谷金二は引退後、阪急ブレーブスの2軍野手総合コーチを務めます。島谷金二は自身のバッティング技術を後進に伝える役目を担っていくのです。
島谷金二のコーチとしての評価は高いものでした。福良淳一は阪急ブレーブスの入団1年目に、島谷金二から指導を受けた事でバッティングが向上したといいます。福良淳一は島谷金二の指導のおかげで、プロでやっていく自信がついたと話しています。

島谷金二は1986年まで阪急ブレーブスで2軍コーチを務めました。島谷金二の手腕は球団内外に広まるものとなり、島谷金二はプロ野球界でその評価を上げていきます。
そして、1987年に島谷金二は中日ドラゴンズからヘッドハンティングを受け、古巣である中日ドラゴンズに復帰します。

島谷金二は1987年から中日ドラゴンズで1軍打撃コーチを務めるようになります。島谷金二はいきなりの1軍コーチ就任を粋に感じ、多くの若手選手を育てていきます。
そして島谷金二は1988年の中日ドラゴンズのリーグ優勝に貢献。島谷金二の評価は中日ドラゴンズでも大きなものとなっていくのです。

7 :風吹けば名無し:2018/03/14(水) 09:40:39.94 ID:R97xyPkH0
そして、中日ドラゴンズは島谷金二の手腕を評価し、チーム力の底上げを図るために、島谷金二を2軍監督に抜擢します。2軍監督の命題はなんといっても育成。
島谷金二は1軍に足りない戦力はなんなのかを考えます。そして、それを補うために誰をどのように育成すればいいかを計画的に考え、島谷金二はそれを実行していくのです。

1993年から1994年まで2軍監督を務めた島谷金二は、その責務を全うしました。それは中日ドラゴンズで高く評価され、島谷金二は1995年に調査役に就任します。その後、島谷金二はフロント業務に携わり中日ドラゴンズを長く支える存在となりました。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)